千葉県船橋市での風俗営業許可の事例(店舗所有者2人からのまた貸し・キャバクラ編)

※※※
船橋市での「一般的な風俗営業許可」の詳細は、下記の記事からご覧いただけます。

千葉県船橋市でキャバクラ・ガールズバー・スナックの風俗営業許可を申請す時のポイント

新年最初の風俗営業許可は船橋市から

この度の風俗営業許可の申請は、2019年12月頃にご依頼がありましたが、
「風俗営業許可の申請自体は2020年の1月早々に行いましょう!」
ということで、それまでに必要な物を用意して手続きを行いました。

ちなみにこの度はキャバクラのご依頼だったので(接待アリの飲食店)
風俗営業1号の要件のクリアと必要書類の作成・収取が必要です。


※※※
キャバクラに必要な風俗営業1号許可の詳細は、下記の記事からご覧いただけます。

キャバクラ、ガールズバーに必要な風俗営業1号許可を丁寧にご案内!【何回も手続きした行政書士が解説】


行政書士事務所ネクストライフでは
風俗営業1号許可を毎年多数行っておりますが
同じ風俗営業1号許可の手続きであっても、やはりそれぞれのお客様やお店ごとの事情がありますので、必要書類の作成・収集や手続きはそれぞれ異なる箇所があります。

今回の船橋市某所での風俗営業許可の手続きではどのようなポイントがあったか
以下ご案内していきます。

この度の風俗営業許可の申請で注意したこと

この度の風俗営業許可の申請では下記のことに注意して必要書類を作成・収集していきました。

〇 お店の「また貸し」での風俗営業許可の申請

〇 賃貸人(お店の所有者)が2人、賃借人が1人(「また貸し先」を入れると4人の当事者)

〇 管理者の所在を証明する公共料金等の領収書等のコピーの提出

お店の「また貸し」で、風俗営業許可の申請するケース


「また貸し」はお店の賃借人が更に第三者に貸すことを言います。
この度はこの第三者がこの度の風俗営業許可の申請の「申請者」となります。

申請の際には
「申請人が、その店舗で風俗営業をする権限があること」を証明しないといけないので
、この場合「賃借人」「賃貸人」から「そのお店を風俗営業を目的に使用できること」を証明する資料が必要になります。

そのため使用承諾書などを「賃借人」「賃貸人」からもらって警察署に提出することがポイントです。

使用承諾書
使用承諾書は「風俗営業を行うことを承諾します」という内容の承諾書です。賃貸借契約書の「目的欄」に「風俗営業」に関する文言が無い際は、別途「使用承諾書」を付けて、「そのお店を風俗営業の目的で使用できます」という証明資料にします。

※※※
使用承諾書の詳細は、下記の記事からご覧いただけます。

【ダウンロードあり】風俗営業許可の「使用承諾書」の作り方(風営法専門の行政書士が解説)

賃貸人が2人、賃借人が1人(「また貸し」を入れると全部で4人の当事者)

賃貸借契約書を見たときには「賃貸人」「賃借人」が記載されているのですが、
この度は「賃貸人が2人」いました。

この場合前述の「使用承諾書」は「賃貸人2人」からそれぞれもらわないといけないので少々煩雑になります。
時間がかからないように注意しないといけません。

開けてびっくり!こんなケースもあるのでご注意!

風俗営業の申請者さんに「使用承諾書を、お店の所有者さんからもらってきてください」とお話をしもらったのはいいものの、店舗の全部事項証明書(登記簿)を確認したところ、所有者が2人いることがわかりました。

実は賃貸借契約書上では1人の所有者としか契約を締結していなかったので、
申請者の方もそのつもりでいたのですが、いざ風俗営業許可の手続きをするメル際に「実は所有者は2人で、私が代表で契約しているんです」ということが発覚したのです。

ですから、契約書だけではなく、
店舗の全部事項証明書もきちんと確認しないと、思いもよらぬところで時間や負担がかかってしまいます。


管理者の所在を証明する公共料金等の領収書等のコピーの提出

警察署により「管理者の所在を証明する公共料金等の領収書等のコピー」を求めるところ、求めないところがありますが船橋警察署では本記事作成時は求められるようです。

なぜこの資料の提出が求められるかというと
管理者が、資料として提出された住民票の所在地にちゃんと住んでいるかを確認するためです。

「公共料金等の領収書等のコピー」で確認するのは
「管理者の氏名」「管理者の住所」「発行年月日等」が記載されていること、です。

これらが住民票の記載事項と同じで、最近発行されているのであれば
最近その場所で管理者は生活をしている、ということが確認できるわけです。

船橋警察署は日頃から結構こんでいるみたい

船橋警察署・生活安全課は、年初から多くの申請を受けているようでかなり込んでいるとのことです。

こんな中で、書類に不備があったり提出していない書類があるとどうなるかというと、やはり遅れる可能性が出てくるとのことで、遅れることについて了承しますという「理由書」「承諾書」の提出を求められることもあります。

そうなると、やはりオープンが遅れてしまう可能性が出てきますので
そうならないためにもなるべく不備なく書類を作成・収集して提出したほうがいいですね。

それではこの度の船橋市での風俗営業許可申請のお話は終了です。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA