深夜の酒類提供飲食店営業の届出【千葉県・東京都・茨城県・栃木県・群馬県・神奈川県対応】

「深夜にお酒を提供する飲食店」は手続きが必要です

先に言っちゃうと・・・

・「深夜にお酒を提供する飲食店」は「届出」の手続きが必要

・ただし、「法律上の基準」を満たしていなければ手続きできない。手続きできない以上「深夜のお酒の提供」ができない

・「届出」の手続きは、その飲食店の住所を管轄する警察署に行う

・「届出」には法律で決められた書類を提出しなければならない

・基本的には「深夜にお酒を提供する」10日前までに届出の手続きをしないといけない

居酒屋、バーなど深夜の時間帯に「お酒」を提供する場合には、「深夜の時間帯にお酒を出しますよ」ということについて「届出」の手続きをしなくてはいけません。この手続きを「深夜酒類提供飲食店営業届出(しんやさけるいていきょういんしょくてんえいぎょうとどけで)」と言います。

具体的には「誰が」手続きしないといけないの?

法律では「深夜酒類提供飲食店を深夜において営もうとする者は」「届出書」を提出しなくてはならない、と規定されています。前述したとおり「深夜にお酒を提供する飲食店」のことを言っています。

ただ、 全ての「深夜にお酒を提供する飲食店」が該当するわけでもないんです 
「?」謎ですよね。

具体的には下記の2つ両方に該当している場合には「深夜酒類提供飲食店営業届出」の手続きが必要です。

(その1)
深夜の時間帯にお酒を提供する飲食店であること

(その2)
「お酒の提供」がメインの飲食店であること

その1について

まずは「深夜」。ここでいう「深夜」は「午前0時から午前6時」の時間帯を言います。
夜中から明け方の時間帯です。この時間帯にお酒を提供する飲食店であれば該当してきます。
夜10時半や夜11時55分までの営業であれば、届出の手続きは必要ありません。
場合によっては、地域の「条例」により時間帯に決まりがある場合も考えられます。なので時間帯については地域の条例についても確認します。

その2について

「『お酒の提供』がメインの飲食店であること」これは前に記載した「居酒屋」「バー」なんかは該当してきます。該当してこないものはと言えば・・・、例えば深夜の時間帯にやっている「ファミレス」「ラーメン屋」「牛丼屋」などなど。こういった飲食店は「お酒の提供」がメインとは言えません。ファミレスはいろいろな食事を提供する、ラーメン屋はラーメン、牛丼屋は牛丼・・・、お酒も数種類は用意していると思います。しかし、居酒屋ほどではありません。居酒屋やバーは「お酒の提供ありき」の飲食店です。食事は「お酒に合う」食事、「お酒をおいしくいただくための」食事、というところでしょうか。

 注意してほしいのが「お店の名前」で決まってい来るところではない 、ということです。
「小料理屋」「バル」「ピザ店」であっても「『お酒の提供』がメインの飲食店であること」これに該当するのであれば、「深夜酒類提供飲食店営業届出」の手続きは必要です。

お酒を提供することがメインでなければ、飲食店が深夜に営業することは特に手続きも必要ありません(ただし、店舗の構造についていくつか法律上の基準がありますので注意してください)

その上で「法律上の基準」をクリアしていること

上記の「2つ」いずれにも該当する飲食店は「深夜酒類提供飲食店営業届出」の手続きが必要ですが、
 上記2つに該当した上で「法律上の基準」を満たしていることを証明しないと届出は受理されません (受理されたとしても結果として認められないです。)。ここでいったん整理ますと、「手続きが必要な飲食店」に該当しても「法律上の基準」を満たしていなければ届出は受理されない、要するに「深夜にお酒を提供することはできない」ということになります。

 基準は、基本的には「お店の構造」と「営業していい地域」からなります 
この基準は非常に重要です。もし「営業していい地域ではない」という地域であれば「深夜にお酒を提供する飲食店営業」は絶対にできません。このことを知らずにお店を賃貸してしまったら最悪です。大きな経費が無駄になりかねません。
必ず「法律上の基準」を確認してっください。

届出の手続きは「誰」にするの?

届出の手続きは、深夜にお酒を提供する予定の飲食店の「住所」を管轄する警察署です。もっと言うと警察署の「生活安全課」というところが窓口で受け付けます(その後に「公安委員会」という機関に送付され、審査されます)。
「管轄」の意味は「権限によって支配すること。また、その支配の及ぶ範囲」だそうです。国の権限に基づきその地域を担当する・・・というイメージです。

千葉県佐倉市であれば佐倉警察署です。成田市であれば成田警察署です。ただ八街市も佐倉警察署が管轄です。こういうことも多々ありますので申請する前には飲食店の住所を管轄する警察署を確認します。

「何を」届け出るの?

法律で定められた書類を提出します。法律は俗に言う「風営法」と呼ばれる法律です。正式名称は「風俗営業等の規制及び業務の敵嗄声加藤に関する法律」と言います。この法律によりますと、「申請書」と「営業の方法を記載した書類」というのは様式が法律できまっていて基本的には各都道府県警察のホームページからダウンロードして必要事項に記入をして作成しますが、その他の書類については市区町村で収集したり、書類そのものを自作して提出します。

気をつけなくてはならいのは「飲食店営業許可証の写し」を添付すること。
多くの警察ではあらかじめ「飲食店営業許可証の写し」を提出することを求めてきます。
すでに飲食店営業許可を取得して飲食店を始めているお店でれば問題ないのですが、新たに飲食店を始めて深夜にお酒も提供する、といいうパターンでは「深夜営業」の届出の前に「飲食店営業許可」の手続きをして許可証を発行してもらうことが前提となりますのでご注意ください。

いつまでに手続きをするの?

この手続きは「深夜にお酒を提供する」のを開始する「10日前」に手続きをしなくてはなりません。
ですから「いついつまでに深夜にお酒を提供したいなあ」という予定を立てて、そこから逆算します。

また、深夜にお酒を提供する飲食店営業は「法律上の基準」があります。
前述したとおり基準は、基本的には「お店の構造」と「営業していい地域」からなりますが、「お店の構造」の基準を満たすのに内装工事が入ることも多々あります。「営業していい地域」の基準を満たすには、その場所での店舗の賃貸借契約を締結しないといけません。これらについての時間も考えないといけません。

その上で「いつ頃、『届出』の手続きをするか」について考えないといけません。

風俗営業1号許可とどう違うの?

一般的に、キャバクラやガールズバーなどを行うときには「風俗営業1号許可」が必要になります。なぜ必要かというとこういった営業には「接待」があるからです。接待がなければそもそも「風俗営業1号許可」を取得する必要がありません(→「接待」を確認)。
かたや深夜酒類提供飲食店営業は「お酒を提供する飲食店」が「深夜営業をする」のみにとどまります。「接待」ははじめから想定されていません(ですから深夜酒類提供飲食店営業で「接待」を行うことは「無許可営業」で違法です。)。この違いにより「場所的要件」や「店内の構造要件」も異なってくるわけです。なぜなら風俗営業1号の営業は、深夜酒類提供飲食店営業に比べて周辺地域への影響が大きいからです。
こういう事もあって手続き的な観点から見た時には「風俗営業1号許可」の方が負担が大きいといえます。風俗営業1号許可の手続きに必ず必要な保全対象施設の調査、許可が下りる前の審査期間、警察による構造検査などを考えると明らかに「深夜酒類提供飲食店営業届出」の手続きの方が負担が少ないと言えます。

「接待ある、なし」という違いが風俗営業1号と深夜酒類提供飲食店営業の違いですが、その違いによる負担の度合いの違いも大きな特徴です。ただ「負担の違い」にばかり目が行ってしまいがちですが、あくまでこれから行うお店の実態に合った手続きをしなくてはいけません。

まとめ

いかがでしたか?
「深夜にお酒を提供する飲食店」を始めるには「警察」に「届出」をしないといけませんが、
そもそも「法律上の基準」をクリアしないとこの「届出」の手続きは受け付けてくれません。
そしてこの手続きは「深夜にお酒を提供する飲食店」を開始する「10日前」に手続きをしないといけません。

ここまでが「基本」です。
実は、実際の手続きはさまざまです。いろいろなお店、いろいろな営業形態がありますからね。
手続きは一様ではありません。

なので、行政書士事務所ネクストライフの本サイトでは「深夜にお酒を提供する飲食店の届出」についていろいろな情報を発信していきます。

また、手続きについて、わからないこと、悩んでいることございましたらお気軽にご連絡ください。ご相談は無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA