風俗営業の種類には何がある?行政書士が徹底解説

風俗営業は全部で5種類

風俗営業は「風営法(正式名称:風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)」なんていう法律の中で、全部で5つ規定されています( 下記からそれぞれの風俗営業の業種の内容をご覧いただけます )。

風俗営業といったとき、キャバクラやガールズーといった「接待のある飲食店」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?それだけでなく他にもいろいろあります。

また「風俗」のイメージが先行して「性風俗」をイメージする方も結構いますが、「性風俗」とは違います。性風俗については風営法上、別のカテゴリーに分けられていて手続きの内容も変わってきます。

※上記をクリックしますと各営業についての説明ページに移ります。

上記の風俗営業を見たとき、それぞれ関連がありそうだったり、全然関連がないよね!というような営業が並んでいるように思えます。
例えば、1号営業と2号営業、3号営業は「飲食店」という関連があります。
しかし、ぱちんこ店に必要な4号営業と1号営業には「営業的な関連性って無いね?」って思いませんか?

では、なぜこの5種類の営業は「風俗営業」としてカテゴライズされたのか・・・
共通する理由は「規制をしないと社会的な営業が大きい」ということです。
地域の風俗環境や子供への影響が大きい営業であることから、「風営法」という法律で規制して、もしこの営業を行いたいのであれば公安委員会から許可を得なければならず、その許可の手続きの窓口が地域の警察署の生活安全課となっているのです。

そういう意味で現在は上記の「5つ」が風俗営業となっています。

キャバクラ・ガールズバー・ホストクラブなどに必要な許可【1号許可】


キャストとイチャつくような営業(いわゆる接待行為)がある場合には、「風俗営業許可(1号許可)」が必要になります。
例えば、キャバクラ、ガールズバー、スナック、クラブ、ホストクラブなどが挙げられます。ガールズバー、スナックについては「深夜酒類提供飲食店営業届出で大丈夫!」という噂のような話もありますが、とんでもない!「接待行為」があるならば必ず「風俗営業許可」が必要になります。

低照度飲食店に必要な許可【2号許可】


「接待行為をしない」場合でも、薄暗い光の中で飲食店を営業する場合には「風俗営業(2号)」の許可が必要になります。例えば店内の明るさが暗いバー、居酒屋などが考えられます。

狭い席に区画された飲食店に必要な許可【3号許可】


「接待行為をしない」場合でも、暗くない場合でも「狭い席で区画されている」場合には風俗営業許可が必要になります。とても狭い店舗での営業は特に、「席の区画」について気を付けないといけません。

射幸心をそそる恐れのある遊技をさせる営業【4号許可】


まーじゃん店やパチンコ店など「射幸心をそそる恐れのある遊技」をさせる営業とみなすことができる場合には「風俗営業許可」が必要になります。まーじゃん台が設置されていて、まーじゃんをさせることで営業することがメインな場合やパチンコ台を設置して遊ばせるような営業が風俗営業4号に該当します。

ゲームセンターなどに必要な許可【5号許可】


本来のゲーム機としての用途ではなく、違う用途として用いることで「射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるもの」にすることができるようなゲーム機を設置しているようなゲームセンターなどは風俗営業許が必要になります。

風俗営業を行うには「許可」が必要

風俗営業を行うには、許可が必要になります。
具体的には、管轄する都道府県公安委員会に対し、営業所ごとに上記1~5号のいずれかの営業について、許可を取得するするための手続きを行わなくてはなりません。手続きの窓口は店舗の住所を管轄する警察署生活安全課です。

「許可」とは「禁止されている事項についてお許しを得ること」をいいます(詳しくは「許可と届出の違い」をご覧下さい)。

風俗営業は、それぞれ営業スタイルがだいぶ違う

上記風俗営業の1号から5号ですが、それぞれの営業がだいぶ違うのがわかりますでしょうか。1号は接待ありの飲食店、2号は他に比べて暗い飲食店、3号は狭い客席の飲食店、4号はギャンブル色のある営業、5号はゲームセンターで、1~3号は飲食店、4号・5号はアミューズメントといった感じでしょうか・・・
 1つ共通していることをあげると「地域社会に大きな影響を与えかねない営業」ということです 。地域社会に大きな影響を与えかなないから風営法という法律で規制し、この法律では業務の適正化を通じてその健全化をはかることを目的としています。またこれだけ営業スタイルが違うので「それぞれに違う規制」が風営法でなされています。その違いがよく表れているのが「構造・設備」についてのルールです。構造・設備は、店舗の営業スタイル、来店するお客さん等を考慮し「店内の様子」「明るさ」等が営業ごとに違っていたりします。

風営法は時代とともに改正されていく

他の法律もそうですが、風俗営業も法律が改正されます。大きな改正は最近で言えば「風俗営業の統廃合と新設」です。平成28年6月24日前は「1号営業」と言えばキャバレー等(ダンス・接待・飲食)で「2号営業」は料理店等(接待+遊興又は飲食)でしたが、今は統合されて「1号営業」となりました。統合前は1号営業、2号営業の「構造・設備要件」も違っていました。それまであった4号営業(ダンス)については風営法から姿を消しました。

このような大きな改正もあったりい小さな改正はたびたびあるのが風営法です。風俗営業を行う方々は自身の営業がこの先できるか、できないかにかかわる重大な要素ですから、チェックを怠らないようにしなくてはいけません。

いかがでしたか

風俗営業はいろいろな種類があります。1号や4号、5号の営業は何となくわかると思います。営業スタイルを考えたときキャバクラやガールズバーなどの接待がある営業は1号、ギャンブル色のある営業は4号、ゲームセンターは5号などなど・・・、ただこれから自分が行う営業ははたしてどの営業に該当するのだろうと悩むケースもあります。例えば「自分の営業は『接待あり』と言えるのかどうか」「射幸心をそそる恐れのあるゲーム機を置いていると言えるのかどうか」、そういったときに風営法に戻りルールを確認するのです。

行政書士事務所ネクストライフの本サイトでも風営法のご案内を随時していきますので、わからないこと不明なことは本サイトでご確認ください。