「深夜営業許可の届出手続き」を1.5日で完了+合わせて創業融資・補助金もサポート(居酒屋、バー、スナック必見)

メールのお客様はこちらから

すぐに連絡したい方はこちらから!

料金プラン


行政書士事務所ネクストライフでは、深夜営業許可(深夜酒類提供飲食店営業届出)の手続きを最短1.5日(翌日の午後)に完了することができます。
また
関東圏を中心に広い範囲で(全国対応できます!)手続きを行うことができます。
お急ぎの方はお気軽にご連絡ください。

もし深夜営業ができない場合は返金保証がありますので、お客様は安心してネクストライフにご依頼いただけます。


※※※
下記料金のほか、消費税をご負担いただきます。

サービス内容料金・詳細
深酒サービスパック
(深夜営業手続き)
85,000円

行政書士事務所ネクストライフ「いち押し」のフルサポートです。
「平均3~4日」で書類を作成し提出します。
深酒1.5
(深夜営業手続きを1.5日で完了)
95,000円

最短1.5日で手続き完了!
お会いしたその日に店舗測量、図面制作、資料作成を行い翌日に警察署の手続きを完了します。
飲食店営業許可
(深夜営業手続きと合わせて行う場合)
40,000円

飲食店営業に必要な許可を取得します。
問題なければ0.5日~1.5日の間で手続き完了です。
別途法定費用(保健所に支払う費用16,000円前後)が発生します。
創業融資
深酒・飲食と合わせて行う場合、深酒・飲食を減額させていただきます
着手金:40,000円
成果報酬:融資実行額の3%(最低100,000円)

※ただし成功報酬は最高230,000円までしかお受けしません。

(例)
融資実行額が
〇200万円の場合⇒40,000+100,000
(2,000,000×0.03=60,000円 最低100,000円が適用)
〇400万円の場合⇒40,000+120,000
(4,000,000×0.03=120,000 120,000を適用)
〇850万円の場合⇒40,000+230,000
(8,500,000×0.03=255,000 230,000円を適用)

サービス内容

上記「深酒サービスパック」「深酒1.5」では下記のサービスを行います。
お客様は「住民票」「ご実印」「賃貸借契約書のコピー」「飲食店営業許可証のコピー」をご用意いただくだけで大丈夫です

全ての必要書類の作成・収集

深夜営業許可の手続きに必要な全ての書類の作成・収集を行います。
深夜営業を予定しているお店でお客様とお会い、その後すぐに店舗の測量、店内確認を行います。次に測量をもとに全ての図面を作成、翌日には市役所などで必要書類を収集し、警察署の手続きに備えます。

警察署への手続き

作成・収集した必要書類を持参して、管轄警察署・生活安全課に手続きに行きます。深夜営業許可は「手続きの時に必要書類が完璧」でないと、手続きを受けてくれません。行政書士事務所ネクストライフでは、2011年より行政書士業務を行っていますが、もちろん100%一発で手続きの受領を継続中です。

  お客様がご用意するもの  

お客様は下記をご用意いただくだけです。
書類の作成・収集や警察署への手続きをはじめ、下記のご用意以外は全て行政書士事務所ネクストライフが行います。

〇 住民票(本籍記載アリ)
〇 ご実印のご用意
〇 賃貸借契約書のコピー
〇 飲食店営業許可証のコピー
※法人様の手続きは、別途資料が必要ですのでお問い合わせください
上記のモノをご用意していただければ
行政書士事務所ネクストライフは全力でお客様の深夜営業許可の手続きを行います!

スケジュール


STEP.1
お客様から「ご依頼」のご連絡
お客様からお電話などで「ご依頼」をいただきます。
お客様のご用意する書類がそろっている場合は、その日にお伺いが可能です。
お客様のご用意する書類がそろっていない場合は、そろい次第お店におうかがいします。

STEP.2
お店におうかがい
深夜営業を予定するお店で、初めてお会いします(その際お客様がご用意いただいた資料をお預かりし、必要書類に実印の押印をしてもらいます)。その後早速店内の測量、店内機器の確認を行い、その後に測量等を基に図面を作成、その他の必要書類を作成していきます。

STEP.3
市役所などで必要書類を収集
お客様にお会いした翌日に、市役所や法務局等を回り必要な資料を収集していきます。

STEP.4
警察署へ手続き(手続き完了!)
要書類を持参して、警察署・生活安全課に手続きに行きます。
警察署からの質問など全てネクストライフがお受けします。
手続きの翌日から10日を経過すれば「深夜営業」を行うことができます。
もちろん深夜営業許可100%成功中です。


「深酒サービスパック」「深酒1.5」は上記のスピードが若干違うだけで、
サービス内容は全く同じです。 高クオリティのサービスをお客様にご提供します。
 

Q & A

対応地域はどこまでですか?

全国対応しております。関東地域でのご依頼が多いですが、その他の都道府県ももちろん完全対応しております。



料金の支払い時期はいつですか?どのような支払方法ですか?

100,000円以下の料金は「手続きの時まで」にお支払いいただいております(前金のお支払いになります。)。支払方法は「振込」「現金」でのお支払いにご対応しております。



他のサイトを見ると料金が様々ですが、なぜこの料金なのでしょうか?

ご料金については、千差万別です。その中でも弊所は平均的なご料金だと考えておりますが、資料の精度、見直しの確認回数、警察署の対応、法令について専門的知識・経験があります。そのため平均的なご料金を維持しつつ「お客様への安心感」「手続きのスピード感」を感じていただける内容となっております。



他のサイトを見ると料金が様々ですが、なぜこの料金なのでしょうか?

ご料金については、千差万別です。その中でも弊所は平均的なご料金だと考えておりますが、資料の精度、見直しの確認回数、警察署の対応、法令について専門的知識・経験があります。そのため平均的なご料金を維持しつつ「お客様への安心感」「手続きのスピード感」を感じていただける内容となっております。



対応地域はどこまでですか?

全国対応しております。関東地域でのご依頼が多いですが、その他の都道府県ももちろん完全対応しております。

「接待にはならない営業」をしたいのですが、深夜営業開始後の経営についてもご相談できますか?

はい!もちろんできます。どのような接客、スタッフ教育をしていくこうか、ということについてマニュアルを作成することができます。また毎月いくらでもご相談いただける「顧問契約」や、その都度ご利用いただける「具体的相談・助言」もありますのでご安心ください(別途料金が発生します)。



以前に風営法で処罰されましたが、深夜営業を行うに当たってサポートしていただけますか?

はい!もちろんできます。上記の繰り返しで申し訳ございませんが、マニュアルの作成や風営法その他の法律の解説・講義を通して健全な深夜営業のサポートができます。お気軽にご相談ください。

私がご担当させていただきます

風営法専門行政書士の松原 輝(マツバラ アキラ)と申します。

深夜営業許可の手続きを数多く行ってきました。深夜営業許可は、書類作成や図面作成が大変で必要書類が完璧でないと管轄警察署の警察の方は受理してくれません。また都道府県や警察署によってルールが異なることがよくあります。

そのような書類作成や警察の方とのやり取りは全て私が代わりに行います。私にご依頼いただいたお客様は、私と打ち合わせをしていただければ、手続きが完了した後10日経過すれば深夜営業が可能です。快適に手続きを済ませたい方、早く許可の欲しい方はお気軽に弊所にご連絡ください。

また弊所は創業融資や補助金といった資金面のお悩みにもご対応できます。飲食店開業の初期は思わぬ出費が重なり、売り上げがなかなか上がらないものの、経費だけがどんどん出ていく、という状況がよくあります。
資金面を充実させ、安心して深夜営業・飲食店営業ができるよう全力でサポートさせていただきます。

事務所概要

事務所名 
 行政書士事務所ネクストライフ

設立年月日 
 2011年12月1日

所属スタッフ 
 行政書士          1名
 補助者(行政書士有資格者) 1名
 補助者(英語対応可)    1名
 
所在地 
 千葉県佐倉市新町付近
 (ご依頼の際にご案内します)

電話 
 043 – 483 – 8911

FAX 
 043 – 332 – 8773

メール 
 info@nextlife-office.com

営業時間 
 午前9時から午後10時

定休日 
 休まず営業
(土日祝日、年末年始もご連絡いただけます)

対応可能業務
(行政書士業務)
 
 風営法関連手続き全般
 飲食店営業許可
 外国人ビザ手続き全般
 融資
 補助金
 契約書作成
 その他許認可業務

対応可能業務
(行政書士以外)
 
 サイト制作
 看板、チラシ、ポスター名刺デザイン・制作
 内装、外装工事
 カラオケ機器レンタル、販売

お気軽にご連絡・ご相談ください!

深夜営業許可の取得でお悩みのお客様は、ぜひ行政書士事務所ネクストライフにご連絡ください。
ご料金のご相談、日時やスケジュールのご相談、早急に行っていほしいというご相談・・・いろいろなお悩みがあると思います。
お客様のお悩みを知ってからでないといろいろなご提案はできません。
深夜営業許可のお悩みならどのようなお悩みでも構いません。
お気軽にご連絡・ご相談ください。