知らないといけない「酒類提供飲食店営業」の意義

深夜酒類提供飲食店営業の「酒類提供飲食店営業」。この部分は何のことなのか?


「深夜酒類提供飲食店営業」は、お酒を提供する飲食店が、「深夜の時間帯に」営業する場合に必要な届出です。

しかし「お酒を提供する飲食店」というのは世の中にたくさんあります。
居酒屋さん、バーのほかファミレス、ラーメン屋、寿司屋、牛丼屋などなど多くの飲食店がお酒を提供しているはずです。

ただ、これら多くの飲食店が全て「酒類提供飲食店」に該当するかというと、そうではありません。

その判断基準は「風営法の解釈運用基準」にあります。
この「解釈運用基準」はとても重要です。
なぜなら「深夜酒類提供飲食店営業届出」の手続きが定められている「風営法」の考え方が記載されているのがこの「解釈運用基準」だからです。

以下では「解釈運用基準」をふまえて「酒類提供飲食店営業」についてご案内していきます。

「酒類提供飲食店営業」とは・・・

解釈運用基準では下記のとおり規定されています。

【酒類提供飲食店営業の意義】
「酒類提供飲食店営業」とは、「飲食店営業のうち、バー、酒場その他客に酒類を提供して営む営業(営業の常態として、通常主食と認められる食事を提供して営むものを除く。)」をいう。

とあります。この解釈が基準です。その上で以下のポイントを考慮しつつ、自身の営業が深夜酒類提供飲食店営業かどうなのか判断しないといけません。


「酒類を提供して営む」

「酒類(アルコール分1度以上の飲料)を客に提供して営むことをいい、提供する量の多寡を問わない」と規程されています。アルコール分が1度以上あれば酒類に該当し、提供するお酒の量は多くても少なくても「提供している」ことになります。

「営業の常態として」

上記のカッコ書きの中「営業の常態として、通常主食と認められる食事を提供して営むものを除く。」と既定されていますが、以下の点がポイントです。

営業時間中に客に常に主食を提供している店であることを要し、例えば1週間のうち平日のみ主食を提供する店、一日の昼間のみ主食を提供している店等は、これに当たらない。


日にちを区切ったり、一日の営業の中で時間帯を区切って主食を提供するようなお店は「常態として通常主食を認められる食事を提供して営むのもの」には該当しないので、そういったお店が深夜の時間帯にお酒を提供するのであれば「深夜酒類提供飲食店営業届出」の手続きが必要になる可能性があります。


客が飲食している時間のうち大部分の時間は主食を提供していることを要し、例えば、大半の時間は酒を飲ませているが、最後に茶漬けを提供するような場合には、これに当たらない。


ですから店の名前は「ラーメン屋」「寿司屋」等といっても、大半の時間はお酒を提供しているようなお店は「酒類提供飲食店営業」に該当する可能性が高まり、深夜に酒類を提供するのであれば「深夜酒類提供飲食店営業届出」の手続きが必要になります。

「通常主食と認められる食事」とは、社会通念上主食と認められる食事をいい、米飯類、パン類(菓子パン類を除く。)めん類、ピザパイ、お好み焼き等がこれに当たる。

「主食」は食事の中の「中心」となるものです。「主食」によって「おかず」も変わってきます。その「主食と認められるような食事」を「常態として提供している」と認められる飲食店は「酒類提供飲食店」には該当しません。

いかがでしたか?

基本的には「酒類提供飲食店」に該当する飲食店が「深夜の時間帯」に営業する場合に合に限って「深夜酒類提供飲食店営業届出」の手続きが必要になります。ですからご自身の営業が「酒類提供飲食店」に該当するかどうかの判断が大切です。


ただ該当するかの判断については、残念ながら上記の通り「明確な基準」が存在していません
主食を提供している飲食店であっても「大半の時間は酒を飲ませている」のであれば「深夜酒類提供飲食店営業届出」が必要になってくる可能背が高まります。
しかしこの点を警察署生活安全課等に相談しても「自己判断」となることがおおいのです。

そのため
上記の内容に基づいて自身で判断していくのが現状です。

行政書士事務所ネクストライフでは、
「グレーな気がするなぁ」という場合であれば、まずは管轄の警察署生活安全課に原状の営業をお話しし「自己判断で」との回答があれば、「手続き」をしておいた方が無難ですよ、とお話ししています。

何故ならグレーな営業を続けることで
「警察からいろいろ言われる可能性がある」という心配事を排除しておいた方が安全ですし、隣近所や同業者からの通報等があったときに「深夜営業の届け出はしていますよ!」と言えるよう、備えておいた方が無難だからです。

どのように判断すればいいのだろう?と悩まれている場合はいつでも行政書士事務所ネクストライフにお気軽にご連絡・ご相談ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA