君津警察署の風俗営業1号許可がおりました

やっとおりた風俗営業1号許可

君津警察署の件は、①賃貸借契約書の使用目的欄に「風俗営業」の文言がなかったこと②営業所に番号が振られていなかったこと(1F A号、B号など)により、少々時間がかかってしまった案件です。

①はよくあるパターンですが、
②は部屋番が振られていないことにより、その建物全体で(他の営業所も含んで)許可申請をしていることになるので、大家さんに各営業所に部屋番を振ってもらうことで解消することができました。

君津警察署は、基本的には生活安全課への出入りが自由ではありません。
3階にある生活安全課に行くためには相談窓口?にて、「生活安全課に~の件でお伺いに上がりました」等のお知らせを下後、担当者の方が、生活安全課に内線でその旨を伝え、生活安全課から了承を得てから生活安全課に伺うことができる仕組みになっています。
警察署により、やり方は千差万別です。

その後に木更津市にて店舗検査

許可証をお客様にご納品下あとは木更津市にて店舗検査です。
君津警察署と木更津警察署はそんなに離れていない距離にあります。だいたい10~15分ほどで到着できる距離にあるのではないでしょうか?それぞれの警察署は建物的にもとても大きく、こんなに近い距離にこれだけ立派な警察署が2つあることに面白さ、不思議さを感じます。

木更津市の風俗営業1号許可は去年から現在まで複数行っておりますので、割と余裕を持って店舗検査を迎えることができました、と言いたいところですが、いくら風俗営業1号許可の手続きを行っていたとしても「お客様」の存在を忘れてはなりあせん。

お客様のペース、お客様の法律の手続きに対するスタンス・・・、お客様によって許可取得までの困難度や負担が違うのは多々ありますし、むしろそれが普通です。
この度の申請も、弊所の知らない間に構造が変わっていたり、いろいろ大変なことがありましたが、その度に丁寧にご説明し新たに図面を作成し、ということを繰り返しおこないなんとか店舗検査も終了することができました。

木更津は熱い

木更津市は、30年。40年前は夜の繁華街として、なかなか栄えた場所ですが、現在は多くの空き店舗が軒を並べ寂し感があります。しかし、アクアラインの値下げを機に木更津市は人口を増やしているらしく、それが原因なのかどうなのか、行政書士事務所ネクストライフでは去年から複数の風俗営業1号許可申請を担当させてもらっております。

しかし、木更津市の駅周辺で営業所を構える場合は、保全多少施設が複数あるので注意が必要です。
警察署生活安全課も、定期定期に市街のパトロールをしているようです。目を付けられた営業所は頻繁にその営業の確認をして回っているとのことです。

ご自身で許可の手続きを行う際は十分に気をつけてください。
また、行政書士等の専門家に依頼する時でも、そもそも風俗営業許可を得意としていない、風俗営業許可は行っているがその土地に慣れていない、という専門家も存在します。
最低でも「風俗営業許可専門」の行政書士等に依頼するべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA