風俗営業1号許可の手続きが多い場所

この1年で一番手続きをしたところは・・・

2018年8月現在で一番風俗営業1号許可を多く行っているのはもちろん千葉県。
そして千葉県の中でも木更津市が多いです。
(次に多いのが、茨城県です。)
木更津市は、東京湾アクアラインが値下げを行うなどがあってから人口が増えている地域です。
先日ご案内しましたが、木更津市中央3丁目を中心に、30~40年前は夜のお店でにぎわっていたそうです。
しかし、その後どんどん空き店舗が増え、現在もシャッターを閉める店舗が多いものの、
少しずつではありますが、風俗営業1号を行う店舗が増え、行政書士事務所ネクストライフでも
多くの風俗営業1号許可をの申請を受任してきました。

店舗の形態は・・・

木更津市では外国人パブ(特にフィリピン・パブ)による風俗営業1号許可の申請が非常に多いです。
木更津市、君津市はフィリピンの方の人口が多いのでしょうか? カウンターとボックス席のある割と小さ目の店舗を利用した風俗営業1号の申請が多いです。

フィリピン・パブで気を付けていること

行政書士事務所ネクストライフでは、フィリピン・パブで気を付けていることといえば、
申請者が「法律についてどういう姿勢でいるか」です。
風営法を理解しているのか、風営法を理解しているけれど守る気はあるのか、

文化の違い、育ってきた環境の違いもあり、法律を軽んじてお金稼ぎに走る方が多く見受けられます。
しかし、やはりこの態度では管轄警察署のお世話になり、最悪の場合は2年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金又はこれを併科、といことになります。
またこれだけではなく、風俗営業1号を行うフィリピンの方は「永住者」の在留資格を持っている方が多いのですが、
この「永住者」の在留資格にも大きな営業が出かねません(永住者⇒日本人の配偶者等など)。

申請の前に、いろいろな教育・ご案内

外国の方の多くは、外国の方の中での情報、や噂レベルの情報で風俗営業1号を行うことが多いと感じています。
それは上記にご案内した通り、とても危険なことです。
行政書士事務所ネクストライフでは、風俗営業1号の許可を取得後、法律に違反しないよう
手続きの段階から法律上のルールについて繰り返しお話していきます。
せっかく許可を取得したのに、許可を取り消される等されてしまっては意味がありません。
意味ある許可にするために、弊所では、許可取得後のことも考えて外国のお客様の申請にあたっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA