茨城県日立市での風俗営業1号許可の事例

2021年4月ころ茨城県日立市某所にて風俗営業1号の許可のご依頼をいただきました。

千葉県佐倉市に事務所のある弊所からおよそ150km(グーグルマップ調べ)

他の行政書士事務所はわかりませんが、
行政書士事務所ネクストライフでは射程距離内なのでお受けさせていただき、1.5日で手続きをするお約束をしました。

この度の手続きは「飲食店営業許可」「風俗営業1号許可」の申請手続きとなります。

「1.5日」とは、お客様とお会いしたその日に「測量」を行い、翌日の警察署への手続きまでに「図面作成」「必要書類の作成・収集」を終えて、翌日警察署に提出、という弊所の手続きサービスです。
風俗営業1号許可は、飲食店営業許可が取得されていることが前提となるため基本的には警察署への風俗営業許可の手続き時に「飲食店営業許可証のコピー」の提出が必要になります。この度は同時に申請して、「飲食店営業許可は現在手続き中です。許可証が発行されたらコピーを提出します」という作戦です。


※※※
お会いしてから1.5日で手続きを完了する風俗営業許可のサポートはこちらから⇓⇓⇓

キャバクラ・ガールズバーに必要な風俗営業許可1号を行政書士が迅速対応(千葉、東京、神奈川、群馬、茨城、栃木に迅速対応)

1日目。測量と必要書類の作成

お約束した日時にお伺いに上がり、まずはどのように手続きを進めていくか具体的なスケジュールをご案内し、その後にお客様にご用意していただいた必要書類の確認、、、特に問題もないので図面作成のための測量を始めます。

測量は実は・・・

測量ですが、実は広さで料金が増減するのはいかがなものかぁ、と思っています。
なぜならどんなに広くても長方形の客室と調理場であれば測量するのがすごく簡単なんです(レーザー測定器を使用すれば時間かかりません)。

逆に小さい箱でも、形が複雑だと測量が難しいんです。
測量において大切な視点があるのですが、、、それは
「どのように面積を出していくか」という視点です。

その視点からすると、どんなに大きい箱でも長方形のような単純な形であれば測量もスムーズにできますし、面積も難なく算出できるわけです。
それが、どんなに小さい箱でも、円形が混ざっていたり、長方形でなかったり、となると測量の時点から工夫が必要になります(弊所は難しい測量・図面作成・求積は大得意です)。

この度の店舗も多少複雑な形状でしたが、弊所は楕円だのなんだの散々測量してきて求積をしてきた経験がありますので特に問題なく測量を終えて、ホテルで図面(平面図、求積図、イス・テーブル配置図、音響・照明配置図)の作成やその他必要書類の作成を行います。

翌日は「飲食店営業許可」「風俗営業許可」の手続き

翌日になり、本日中に風俗営業許可と、その前提となる「飲食店営業許可」の手続きを行います。

まずは飲食店営業許可の手続きから。
前述したとおり本来なら飲食店営業許可証のコピーを提出することが風俗営業許可手続きの前提なのですが、
この度は、飲食店営業許可は未だ出来上がっていないので、風俗営業許可の手続きの前に飲食店営業許可の手続きを行い、風俗営業許可の手続きの際には「現在飲食店営業許可は申請中です」という作戦で2つの手続きを完了させます。

え、なぜ!?飲食店営業許可が受理されない!?

まず初めに向かうは日立市を管轄する保健所。
予定としては30分ほどで手続きを終え、余裕をもって日立警察署に向かうようでしたが、
ここでまさかの出来事が!

飲食店営業許可を受理しない!というのです。
理由は「食品衛生責任者となる者の証明資料がないから」。


これには弊所も抗議です。

それはなぜか。。。。
昨年から続く新型コロナウイルスの影響で、食品衛生責任者講習が延長に延長を重ね、飲食店営業許可の手続きの際に食品衛生責任者講習を受けれないという事案が数多く発生してしまいました。

そのため、飲食店営業許可の手続きの際に食品衛生責任者講習を受けられず、未だ修了証がない者については、今後食品衛生責任者講習を受講しますという「誓約書」を添付すれば、飲食店営業許可の申請手続きは受理される、という取り扱いがなされてきたのですが。。

こちらが何度説明をしても「絶対に受理しない」の一点張り。
ただ、ここで引き下がるわけにはいきません。今度は県庁に抗議です。

県庁担当の方とお話しすると、やはり弊所の情報が正しく「県庁から受理するように話します」とのことで安心して待っていたのも束の間、今度は「あなたが行政書士として代理申請してきた『今までの飲食店営業許可の申請者』が、ちゃんと食品衛生責任者講習をしてきたか確認します」という対応、「今まで弊所で手続きしてきた申請者の名前と店舗名、店舗住所を教えなさい」というのです。弊所で申請してきたお客様は去年だけでも何人いるの?というくらいいらっしゃいますし、今この場ですべての申請者についてお話しすることなどできません。そもそも、、こんな対応は前代未聞です。要するに保健所担当者受理はさせない、という姿勢は変わりません。

これに対しても、もちろん弊所は猛抗議です。
なぜなら、そもそもの話として、今まで弊所で申請してきた飲食店営業許可の申請者と、この度のお客様は何にも関係ないからです(赤の他人です)。もし仮に、今まで弊所で申請してきた方々が食品衛生責任者講習を受け終了証を提出の上食品衛生責任者をたてなかったからといって、それを理由にこの度のお客様を受理しないという理屈は通りませんし、理由もない理不尽な取り扱いですよね。なぜ赤の他人を理由にこの度の手続きを受理しないという取り扱いをされないといけないのでしょう??

ですから再び県庁にお話をし、「再び県庁から保健所担当者に受理してもらえるよう話をしてください。」とお願いします。

風俗営業許可の手続きを断念・・・

そしてやっとのことで飲食店営業許可の手続きの受理されますが。。。
このやり取りだけで2時間以上を費やしてしまいました。

本来のスケジュールでは、30分で手続きを終えた後に必要資料を市役所で取得、
その後に風俗営業許可の手続きをすます予定でした。

しかし、大きな時間を削られてしまったので、
必要資料の取得をしていると風俗営業許可の手続きを行うことはできません。
警察署によりますが(というか多くの警察署では)、申請手続きの受領にとって決定的な資料が欠けていなければ(例えば、申請書や図面、誓約書全部、賃貸借契約書、使用承諾書など)、受理をしつつ近日中に提出してください、という取り扱いがなされるので、とりあえず風俗営業許可の手続きを行いましたが、これについても受理されず、、、このことに対し警察本部に問い合わせましたが、警察本部でも「受理できません」との回答。。。

なぜ今まで(というよりほんの数か月前まで受理されていたのに)ここにきて取り扱いが変わったのか、、

ただ本来であれば不足していた必要資料を取得する時間も含めてスケジュールを組んでいたので、、、
やはり保健所での時間のロスが悔やまれます。

お客様に事情を説明し、翌日に必要資料を取得の上、風俗営業許可の手続きを行いました。
(もちろん問題なく受理されました。)

飲食店営業許可の店舗検査

風俗営業許可の追加資料として「飲食店営業許可証のコピー」が必要であるため、早く欲しいのが「飲食店営業許可証」になります。この度の手続きでは、手続きの時点で内装工事が完成していなかったため、工事が終了する時期に保健所の店舗検査の予約をしました。

そして店舗検査の当日、、、実は車で向かう道中「事故による渋滞」。。。
一時間前に余裕をもって到着する予定がまさかの遅刻(5分ほど)。

「遅れてしまいまして申し訳ございません!」と店舗に到着すると、
申請者様は「もう店舗検は査終わったよ!」とのこと!

特に問題なく進みあっさりと完了したそうです。
弊所としましては手続きの際のよくわからない対応もありましたので、
「もしかしたら厳しい店舗検査になるかもしれません。。」とあらかじめご案内していたところですが、
店舗検査はすごくスムーズに終わり(弊所は遅れてしまったものの)うれしい限りです。

最大の山場!?風俗営業許可の構造検査

続いて風俗営業許可の構造検査です。
手続きの日から3週間くらいたつと警察署から「そろそろ構造検査を行いたいのですが、いつがご都合よいですか」というような内容の連絡をくれます。

そして構造検査の当日。
今回は構造検査の時間の2時間前に到着し備えます。風俗営業許可の手続きをしていると「あるある」なお話なのですが、構造検査当日のイス・テーブルのレイアウトや照明の設置個所が、手続きの際に提出したイス・テーブル配置図、音響・照明置図と違うということがよくあります

これは手続きから多少日がたって、おきゃき様の方で書類提出時のレイアウトとは異なるレイアウトに変えてしまうんです。お客様としては構造検査が無事終了して一滴の期間が経過すれば営業ができる!という考えがありますから、開店に向けていろいろ店内レイアウトを模様替えするわけです。

ただ警察担当者としては、「手続きの際に提出したレイアウトじゃないじゃん!」となるわけです。
構造検査は提出資料と同じ内容であるか確認するための検査だからです。

ですからこういった場合は、お客様に「どちらのレイアウトで営業しますか?」とお尋ねして、もし提出時の資料と異なる場合はその場で作成しなおして構造検査時にすでに提出している資料と差し替えます。
(ただ、本来はやはり提出時の際に将来のレイアウトは決定しておいてほしいところです。)

そういうことを想定して(あと前回遅刻しているので・・・)早めの到着となりました。
(結果としてレイアウトは変更がなかったの一安心です)

そして構造検査。
構造検査については図面の数字はどのように測量したか、求積図はどのように計算したか、などを説明しながら担当者の方と一緒に確認していきます。

楮検査も特に問題なく終了です。

晴れて風俗営業許可証の発行

風俗営業許可の構造検査を経て補正や追加資料など何も問題がないければ、一定の期間(1週間から2週間ほど)経過すれば「風俗営業許可証が用意できましたので取りに来てください」という連絡が来ます。

こうして風俗営業許可を取得できたのですが、久々に奇怪な手続きを体験しました。。。

弊所ではおかしな取扱いについては、最悪抗議して対応しているところですが、、、
他の先生や一般の方はどうしているのでしょうか。。。

特に手続きに不慣れな方は言われたとおりに手続きを進められていることと思います。
そうすることで時間がかかり、本当に必要なの?と思われる資料を用意させられたり、
考えただけでゾッとします。

安心で、スムーズな手続きを望まれる場合は、経験豊富な専門家にご依頼することをお勧めします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA