カウンターの高さ・風俗営業1号で気を付けたポイントとは

カウンターは設置場所にご注意ください

※管轄警察署への確認はしてください

「客室内に、見通しを妨げ設備がないこと」というのが風俗営業1号許可を申請するさいの要件の一つにあります。
この「見通しを妨げる設備」とは「高さがおおむね1メートル以上のもの」を言います。
客室に1メートル以上のカウンターがある場合には、「見通しを妨げる設備」に該当する可能性があります。

ただ・・・
カウンターの設置場所によっては「1メートル以上」あっても基準を満たす場合があるんです。

例えば、カウンターの内側はスタッフのみが出入り可能の場合

客室の端に設置された1メートル以上のカウンターを想像してみてください。
カウンター内への出入りにはスイング・ドアがあり、カウンタの内側にはスタッフしか入れない、という構造です。
そして外側にカウンター・チェアがありそのカウンターチェアをお客様が利用するような感じです。
 この場合は、内側は客室とは言えません(スタッフしか入れないからです) 

この場合は、「客室の内部に見通しを妨げる設備がない」と判断されます。
ポイントは「客室の内部」です。カウンターの内側はスタッフのみ出入りできる構造なので、カウンターは「客室の内部」にない、とみなされるからです。
ただ、これが内側も外側も関係なく、お客様が出入りできるようなカウンターでは「カウンターは客室の内部にある」と判断されかねないため、そうである以上は「客室の内部の見通しを妨げる設備」に該当する可能性があります。

ちなみに客室の端に設置されたカウンターについては 「カウンターの上部」までが客室とみなされます 

1メートル以上のカウンターが客室内にある場合

もし、上記のような場合でなく1メートル以上のカウンターが客室内にある場合には、その高さについて警察署に確認を取らなくてはいけません。
客室内にあるカウンターとは・・・、例えば客室の中にドーンとあるカウンター。客室のどの場所から見てもカウンターが客室内にある(要は客室内のど真ん中にあるようなケース)というような場合には「1メートルの高さ要件」が発生します。

実務上の話では、客室内に1メートル以上のカウンターがあるような場合は、各県での取り扱いや管轄警察署、担当者により取り扱いが異なる場合があります。
茨城県では1メートル4センチの高さのカウンターでも「特に客室内の見通しをさえぎるものではない」という取り扱いを受けた場合がありました。 この場合のポイントは「おおむね1メートル以上」という取り扱い です。「見通しを遮るもの」というのは1メートル以上の物だよね?というのが風俗営業を行う方々の間では共通の認識であることが多いのですが、解釈運用基準には「おおむね1メートル以上」という記載がされています。そういったところで県や担当者によっては「1メートル以上あっても客室を遮る、とまでは言えない、そこまでの危険は無い」と判断されることもあります。しかしそう判断されるにはそういった客室内のレイアウトも必要です。すべてがすべてOKというわけでは無いことにご注意ください。

また、上記事例の一方で、客室を2部屋に隔てるために真ん中に壁を作ったケースでは、「壁は、もともと一部屋である客室に後から作ったものであるから、壁について床から1メートル以上の部分はくりぬいて見通しを遮らないようにしてください」という取り扱いをされたこともあったそうです(ただし、この取り扱いは弊所としては少し疑問の残るところで、もしかしたら申請者側の説明不足もあるのでは・・・とも思います)。埼玉県ではカウンター等の高さについてかなり厳しい対応を迫られた事例もあります。

群馬県では、カウンター等の高さについては「おおむね1メートル以上でなければ」という取り扱いが多いですが・・・

上記の事例をもとに言えるのは
 1メートル以上のカウンターが客室内にある場合には、各県、各警察、各担当者により見解が異なる可能性が出かねない 」ということです。また「 申請者側のレイアウト計画や担当者への説明力がとても重要である 」ことも忘れてはならずとても重要なポイントです(ここは専門の行政書士の力の見せどころでもあります)。

とりあえずは管轄警察署に確認

客室内部にある、と評価されない上記のようなカウンターを設置することは、「見通し」の面では問題ありませんが、あらかじめ管轄警察署の生活安全課に確認することをおすすめします。
担当者様の中には、こういった事例に触れていない方もいらっしゃいます。ですからあらかじめ、上記のようなカウンターを設置することをお知らせすることで、内容を知った担当者様は本部に確認することができます。その方が、担当される方としては安心ですよね。

しかし、「まずは手続きをして書類を提出してからでないと何とも言えません。」という担当者もいます。それは「実際にカウンターの状況を見ていないのに『それなら大丈夫』という判断はしたくない」というのが本音だからです。

カウンターの設置についてお悩みの方は是非ご連絡ください

カウンターの設置で悩んでいる場合や警察署に相談に行っても納得のいく回答が得られない場合は
行政書士事務所ネクストライフにご連絡ください。

 弊所は、1メートル以上のカウンターする店舗の風俗営業許可を多数申請しております 
カウンターをどこに設置すればいいのかお悩みのお客様は弊所にお気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA