4号営業(ぱちんこ屋・まーじゃん屋)

”射幸心をそそるおそれのある遊技”がポイント

4号営業には、パチンコ、まあじゃんが該当します。
風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(以下「風営法」)第2条第1項第4号において、パチンコ店、マージャン店について規定しているので「4号営業」と言われます。

まあじゃん屋、ぱちんこ屋その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業

ここで、ポイントとなるのは「射幸心」です。

この射幸心とは
「運・ラッキーにより勝ちたい、利益を望むこと」を言います。
風営法第2条第1項第4号では
この射幸心をそそるおそれのある設備を設けて遊技させているお店というのが「ぱちんこ屋」「まーじゃん屋」と規定されています。

具体的な構造・設備要件

風営法4号の具体的な要件は下記のとおりです。


客室の内部に見通しを妨げる設備がないこと。


善良の風俗又は正常な風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾その他の設備を設けないこと。


客室の出入り口に施錠の設備を設けないこと。ただし、営業所外に直接通ずる客室の出入口については、この限りでない。


第30条に定めるところにより計った営業所内の照度が10ルクス以下とならないようにいじされるため必要な構造又は設備を有すること。


第32条に定めるところにより計った騒音又は振動の数値が法第15条の規定に基づく条例で定める数値に満たないように維持されるために必要な構造又は設備を有すること。


ぱちんこ屋及び令第8条に規定する営業にあっては、当該営業のように供する遊技以外の遊技設備を設けないこと。


ぱちんこ屋及び令第15条に規定する営業にあっては、営業所内の見やすい場所に商品を提供する設備を設けること。

その他について

風俗営業4号についてはそのほかポイントとなる事項を下記にご案内して行きます。

まーじゃん店

遊技料金等の規制

・構造・設備の基準

・営業できる場所

・飲食店営業許可の必要性

・ネクストライフの許可取得サポート料金