群馬県伊勢崎~半年で3度目のご依頼~(風俗営業許可)

あらがたや~伊勢崎市の風俗営業許可のMASTERになってきました

昨年終わりごろから、今日までで群馬県伊勢崎市のお客様から3件も風俗営業許可のご依頼をいただいております。
非常にありがたく感謝の気持ちでいっぱいです。

伊勢崎市の道もたくさんえてきましたし、もうそろそろナビなしで千葉県から伊勢崎市までいけるかな・・・というくらい伊勢崎市には通わせていただいています。

最近よくある難題物件それは・・・

この度のお店は、なんともきらびやか・豪華というか、とても内装が美しいお店で、更にはとても広い!
行政書士・松原もおのずと気合が入りまくりです。

この度の店舗は「居抜き物件」で、大きな工事もなくほぼそのままの状態で風俗営業許可の手続きを行う、とのお客様のご希望でしたが、やはり居抜き物件は用心に越したことはなく、たとえ「以前のオーナーが風俗営業許可を取得して営業をしていたっていうから安心でしょ?」と言っていたとしても手放しで喜べるわけではありません。風俗営業許可を取得した後に内装に手を入れて無届でいるケースはたくさんあります。

なのでなので、「まずはお店を見せてください!」と本日群馬県伊勢崎市へ車を飛ばしたわけです。

調理場を見ると・・・・

出た! 従業員用の手洗いがない。どういう風に保健所の店舗検査をクリアしたのかわかりませんが、手洗いがない以上飲食店営業許可が出ることはありません。事前にこういった事態もあることをお客様にはお話していたので、すぐに工事に入る手配をしてくれました。

その他は・・・特に問題はありませんが、食器棚の扉が無かったり生木のままの棚があったりとこういったところも要注意なので(食器棚は必ず扉が必要、生木ではなく何かしら塗装がされていなくてはならない)そのこともお伝えして今度は風俗営業許可手続きのミソである客室を確認することにします。

円が多い客室

客室については、特に構造上の問題はありません。1メートル以上の構造物もありません。ただ「円形のもの」が非常に多い客室です。これは、求積をするのに少々厄介だったりします。孤の部分の中心はどこら辺にあって半径はどれくらいの長さなのか・・・そういったことを気にしなくてはいけません。以前茨城県某所の生活安全課にこの手の求積図を提出した子があるのですが「こういう図面はやったときないんだよね」と言われたことがあります。なので、行政書士事務所ネクストライフではこういうケースの求積を出すときは「なぜこのような面積になったのか」を丁寧に説明した書類も提出します。

初!宿泊しての測量

今回は話を聞く限り、いろい店内でさらに円の部分が多分にある厄介な店舗だったので、「丁寧に測量して図面に起こしていく必要がある」と判断して一泊二日で、測量と図面作成を行うことにしました。18時に現地到着、お客様と軽く今後の流れ等について打ち合わせをした後、とにかく測量!測量!といろいろな辺を図っていき、図り終わったらそれを図面にしていきます。
最終的に終わったのは午前1時30分頃でしょうか・・・、近くのビジネスホテルにチェックインし図面の確認をして明日に備えます。

話は変わりますが、この本(本の背景は、本日のお店のきれいな棚)は、有名な社長、実績のある社長の「大切にしている想い・言葉」を多数紹介している本です。この本は地元のローソンで買いました。最近ローソンやファミリーマートでは面白い書籍をいろいろと販売していますよね。

仕事休憩の合間にでも読み進めていこうと、すこし衝動的に購入したのですが読み進めると面白くて興味深い内容です。会社の「経営理念」につながるような、そんな想いのエピソードが満載です。

続いて深夜2時の某所ローソン。
アイキャッチ画像のローソンと同じお店ですが、アイキャッチ画像は19時ころでしょうか。伊勢崎市は夜が本当ににぎやかです。
飲食店も夜遅くまで営業していて、土曜日ということもあって(?)駐車場が満車の飲食店が多数ありました。

こんなに賑やかな伊勢崎市、今度調査しないといけません。

そして、そんな伊勢崎市の賑わいに、「風俗営業許可の手続き」という形で微力ながらお手伝いさせていただける機会を与えてくださりとても幸せです。

それでは明日の業務にそなえ、体を休めることにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA