離婚公正証書の作成

現実の離婚は厳しかったりします

離婚について裁判をせずに話し合いで解決する方々はたくさんいらっしゃいます。離婚の数の全体の9割前後が「話し合いによる離婚」であるといわれています。しかし、その一方で法律などの専門的な知識を知らないために不利な条件のまま離婚しているケースも多々あります。
「慰謝料はいらない」「親権はいらない(定期的に子供と会えるからいい)」。早く離婚をしたいから大切なことをしっかり決めずに別れてしまい後になって大きな後悔をするケースは後を絶ちません。また、いろいろと話し合いで決めたものの「協議書」といった証拠に残さないために後々「言った言わない」で約束が守られないことも多々あります。

その他「協議書」は作ったものの、協議書を紛失してしまったり協議書の内容があいまいであるために約束を守ってくれなかったりすることもあります。

離婚公正証書とは

離婚公正証書は、「公証役場」という公的機関にて作成される権利・義務・事実等を証明する書類・文書のことを言います。公正証書の原本は「公証役場」にて保管されますのでもし公正証書作成の際に発行された書類を紛失してしまっても「再発行」が可能です。また、離婚の条件の中に慰謝料や養育費などの「お金」の決め事がある場合は「強制執行できますよ」という内容の文言を入れておくことで、もしお金が支払われなかった時には「裁判を経ずに」手続きを踏んでお金を回収することができます。

しかし離婚についての知識は持っておいたほうが良いです

離婚公正証書は公証役場にて作成します。公証人もいろいろな知識を持っています。しかし公正証書を作成する前の「夫婦同士の話し合い」は当事者で行わなければいけません。その際に必要なのが「離婚についての知識・情報」です。そういった知識・情報が自分にとって有利な結果につながるかもしれません。もちろん自分だけが一方的に良い条件といのはいかがなものかと思いますが、不利な条件を一方的に飲まないようにしたほうが良いですよね。

本サイトでは離婚についての情報を発信していきます

離婚公正証書を作成する全段階での「当事者同士の話し合い」にむけて離婚についての法律などを知っておいたほうが良いというのは先にお話した通りですが、そういった情報を本サイトでご案内していきます。
また、離婚はそれぞれの当事者によっていろろなケースがありますので、ネットや書籍に記載されていることがが自分たちに該当するのかどうか一概には言えません。わからないこと、悩んでいることございましたらいつでも行政書士事務所ネクストライフにご連絡ください。

公正証書離婚を作成するまでに知っておきたいこと

協議離婚をする前に事前に知っておきたいこと、準備しておきたいことを下記に記載しております。

【協議離婚について】
協議離婚とは
協議離婚のメリット・デメリット
離婚協議書
離婚公正証書

【協議で決めておきたいこと】
財産分与
・慰謝料
・親権
・養育費
・面会交流
・年金分割
・婚姻費用
・連絡先等の通知義務
・国際離婚の場合

【その他】
・離婚後の氏名

【公証役場】
千葉県の公証役場
・茨城県の公証役場
・埼玉県の公証役場
・東京都の公証役場
・栃木県の公証役場
・群馬県の公証役場
【弊所サポート】
・サービス・料金はこちら
・弊所ができること