深夜酒類営業の届出に必要な「イス・テーブル配置図」

「イス・テーブル配置図」はなぜ行う??

警察署の公表している「深夜酒類提供飲食店営業届出」の添付資料である「平面図」という図面は、大きく3種類に分けられます。
具体的には「求積図」「イス・テーブル配置図」「音響・照明配置図」なのですが、
行政書士事務所ネクストライフで普段行っている深夜酒類提供飲食店営業届出に基づいて、「イス・テーブル配置図」のご案内をしていきます。

「イス・テーブル配置図」の内容とは

深夜酒類提供飲食店営業届出に必要な「イス・テーブル配置図」、その内容はというと深夜営業を始める店舗の中で「イス」「テーブル」をはじめとする各種設備などがどのように配置されているかを報告するためです。

「イス・テーブル配置図」により、「その場所にイス・テーブル等が配置されているか」「それぞれのイス・テーブルはどれくらいの大きさか」を詳細に説明していきます。

「イス・テーブル配置図」を提出する理由って?

深夜営業を行う場合「客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと」という基準があります。もちろんこの基準をクリアしないと深夜営業を行ってはいけませんし、基準をクリアしているのであれば「深夜にお酒を提供することを主とする飲食店」に限っては、それを証明するために「イス・テーブル配置図」を含む「深夜酒類提供飲食店営業届出」の手続きをしないといけません。
「客室内に見通しを妨げるものがないこと」を証明するために「イス・テーブル配置図」を提出するわけなのです。
ですから、イス・テーブル等のレイアウトだけでなく各種イス・テーブルの大きさも詳細に書類にまとめます。具体的にはイス・テーブル等の「高さ」「幅」「奥行」等です。

そして、ここが重要ですが「客室内の見通しを妨げるもの」の存在が重要なわけなので、「イス・テーブル配置図」という題名ではありますが「基本的には客室内にある全てのもの」について報告しておいたほうが無難です。後から警察の担当者がやってきて「これについては届出に入っていないよ」と言われかねません。ですから最初から客室内にあるものは報告してこ置くことをおすすめします。具体的には・・・

・イス、ソファー、カウンターチェアー
・テーブル
・各席の仕切り
・棚
・メニュー表を掲げるつい立て
・メニュー表の看板
・大きな人形・銅像・など
・植物
・小上がりになった床

そして、そして・・・実は警察目線で言えば「イス・テーブル配置図」の提出には、他にも理由はあったりします。
特に、風俗営業1号を行おうか深夜酒類提供飲食店を行おうか迷ってる方はこちらをご覧下さい。

レイアウトを変更したときは「変更の手続き」が必要

上記の理由もあって「どこに、そのようなイス・テーブルを配置していますよ」と報告をするのですが、深夜酒類提供飲食店営業届出を提出した後にイスやテーブルのレイアウトを変更したり、イス・テーブルを新たに追加したりするとそれは深夜酒類提供飲食店営業届出の際に報告した内容と「異なるレイアウト」となるわけです。

この場合は「変更の届出」が必要です。新たなレイアウトのイス・テーブルの配置図を作成して管轄警察署・生活安全課に届け出ます。

いろいろな理由のある「イス・テーブル配置図」は重要な書類なんです

いかがでしたでしょうか?深夜酒類提供飲食店を始めるのに必要な提出しょるう「イス・テーブル配置図」は上記のような内容で、さらに上記のような理由があるんです。理由がわかれば「イス・テーブル配置図」を作成するとときもどのようなことに注意すればいいか、どのように記載すれば警察署や公安委員会の担当者の方にとってわかりやすいかが見えてきますよね。

深夜酒類提供飲食店は風営法で決められたルールを守らないといけません。そういう意味でこの「イス・テーブル配置図」は深夜酒類提供飲食店を行う方が、風営法をはじめとする法律を守っていますよ!ということを証明する資料の1つなんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA