構造・設備要件

風俗営業の構造・設備要件

風俗営業は1~5号の計5種類があります。
構造・設備要件は風俗営業の種別ごとに違いがあり、それぞれの営業に配慮された要件となっております。

例えば、キャバクラ・クラブ等の「接待行為」のある「1号営業」では「外から用意に内部を見通すことができない」つくりでなければならないですが、パチンコ店等の「4号営業」ではそういった要件はありません。

本ページでは
行う予定である営業について、構造・設備要件を下記からご確認することができます。

1号営業(キャバクラ・ホスト・クラブ・ガールズバー・料亭など)

・2号営業(低照度飲食店)

・3号営業(区画席飲食店)

・4号営業(まあじゃん屋・ぱちんこ屋など)

・5号営業(ゲームセンターなど)